仲介手数料

賃貸の物件を契約するときにかかる初期費用は、予想以上に高くて引っ越し貧乏になってしまった経験はありませんか?ここでは、賃貸の仲介手数料についてふれていきます。

賃貸の仲介手数料は、不動産会社が大家さんと入居者との間に入って、賃貸の仲介をする場合に発生するものです。不動産会社の収入になる「紹介料」のようなものですが、一般的に仲介手数料は入居者が支払う場合がほとんどとなっています。この不動産会社が受け取れる仲介手数料は、「最高で家賃の1ヵ月分まで」と決められています。

実は、この仲介手数料は、どのような物件でも必ずかかるものではなく、不動産会社が貸主で物件を直接入居者に貸す場合は、仲介手数料は発生しないのです。また、大家さんから代理権を得た不動産会社が、大家さんに代わって入居者に貸す場合も、仲介手数料が発生しないことがほとんどなのです。

最近では、仲介手数料を半額にしている不動産会社もありますが、ただでさえ敷金や礼金、前家賃に火災保険の加入料や家具や電化製品の購入など、何かとお金のかかる引っ越しですから、初期費用が少しでも安くなるのは大変嬉しいことです。

もし、仲介手数料を半額にしている不動産会社が入居を希望している物件を扱っていたら、そちらの不動産会社で契約した方が初期費用をお安く契約できるということになるのです。仲介手数料は家賃の1ヶ月分としている不動産会社がほとんどですから、仲介手数料が半額になれば、かなりの節約になるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ