入居申し込み書とはなにか?

不動産会社で気に入った賃貸物件を見つけた場合、まず提出する「入居申込書」では、保証人が必要となる場合がほとんどとなっています。ここで、保証人として適当に仲の良い友達の名前などを書いてしまわないようにしましょう。この保証人は連帯保証人となるので、万が一あなたが家賃を払うことが出来なくなった場合は、あなたに代わって家賃を払う責任があるのです。

連帯保証人には、このような重要な責任がある為、不動産の賃貸契約の保証人は両親になってもらうことが一般的となっています。もし、両親が他界していたり、両親が高齢で定年を迎えていて年金暮らしなどの場合は、収入が安定している兄弟になってもらうようになります。昔は、会社の上司や友人に保証人になってもらう場合もありましたが、トラブルを避ける為に現在ではほとんど認められないことが多いのです。

もちろん、賃貸契約の保証人をお願いする両親や兄弟には事前に連絡をしておいて了承を得ておくことも大切です。身内といえども、保証人を引き受けるということはある程度のリスクが伴うことなのです。事前に連絡をせずに、不動産会社からの保証人確認の電話が両親や兄弟のところに突然かかってくるようなことがないようにしましょう。

もし、保証人をお願いすることが出来る両親や兄弟がいない場合は、公団の賃貸などの保証人が不要の物件を探したり、借りられる部屋の制限はありますが、連帯保証人不要の制度を利用するようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ