賃貸物件を借りる際に行われる入居審査

一般的に賃貸物件を借りる際に行われる入居審査ですが、これにパスしないと部屋を借りることは出来ません。しかし、残念ながらこの入居審査で落とされてしまう場合も少なからずあるのです。

せっかく時間をかけて部屋探しをして、気に入った物件を見つけたのだから、入居審査で落とされないようにしたいものです。ここでは、入居審査ではどんなところが見られるのか?、注意することなどについてふれていきます。

提出した入居申込書に記載した年収や勤務先、保証人に確認の電話をしたとき、もし万が一虚偽の記載をしていれば間違いなく落ちてしまいます。保証人にもきちんと了承を得ていないと、確認の電話をして断られてしまう場合も少なくないのです。

また、正直に入居申込書を記載し、勤務先や保証人などに問題がなくても落ちてしまう場合もあるのです。入居審査は、基本的に家主が入居申込書を基に行うものですが、実は不動産会社でもある程度の審査がされていると思った方が良いのです。家主は入居申込書を基に審査するので、直接借主に会わない代わりに不動産会社の担当者にどのような人物か聞くことが多いのです。

不動産会社の担当者に横柄な態度を取ったり、約束した時間に大幅に遅れるなどのいい加減な方は、不動産会社の担当者に良い印象を与えません。また、敷金、礼金、仲介手数料についてしつこく値切り交渉する方も、あまり良い印象は与えませんので、交渉もほどほどにしておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ